テーマCocoon

WordPressテーマCocoonを使ってプラグインを使わず旧エディタ―にする方法!

こんにちは、わかなです。

 

最近、WordPressを始められた方もいるかと思いますが

現在WordPressで記事を書くには

 

新エディターと呼ばれる、Gutenberg(グーテンベルグ)のブロックエディターで書く方法と

クラシックエディター(旧エディタ―)と呼ばれる、それ以前のエディターの方法があります。

 

 

仕方のないことかもしれませんが

クラシックエディタ―に慣れてしまうと、機能いっぱいの新エディタ―が使いづらいなぁなんて思うんですよね。

 

 

ざっくり説明すると

今までは、プラグインという機能を後付けして、使いやすくしていましたが

新エディタ―だと、プラグインなしで使える機能が色々あるので、ちょっと感動します。

 

 

プラグインを用いて、旧エディタ―で投稿するという方法もありますが

使えるのは2021年までと言われていて、それ以降はわかっていません。

プラグインClassic EditorでWordPress5以降でも旧エディターで記事を書く

続きを見る

 

 

なので、これから使い慣れていくのなら、

主流になっていくGutenberg(グーテンベルグ)が使える方がいいんじゃないかな?と思います。

WordPressでの記事の書き方について!ブロックエディターGutenberg(グーテンベルグ)

続きを見る

 

 

ただ、マイクロソフトのWordのように

ツラツラと書いていきたい人にとっては、クラシックエディタ―が楽かな?とも思いますし

旧エディタ―で慣れた人にとっては、しばらくはこのままでって気持ちもわかります!

 

 

WordPressテーマCocoonなら、プラグインを使わずに

クラシックエディタ―方式で記事を投稿することも出来るので、オススメです。

 

 

WordPressテーマCocoonを使ってプラグインなしで旧エディタ―にする方法

WordPressテーマCocoonを使えば

プラグインなしでクラシックディタ―を使い続けることが出来ます。

 

 

テーマをCocoonにした状態で

ダッシュボード画面にある「Cocoon設定」をクリックします。

 

その中から、エディターを選択します。

 

「Gutenbergエディターを有効にする」からチェックを外します。

そして、「変更をまとめて保存」をクリックするだけです。

 

 

これで、旧エディタ―で記事を投稿することが出来ます。

 

ちょっとこのままだと物足りないので

プラグインを入れた方が快適に記事が書けるかもしれません。

TinyMCE Advancedの初期設定の方法!

続きを見る

 

 

Cocoonの設定については、こちらで記事にしています。

WordPressテーマCocoonの最初の設定の方法!

続きを見る

 

わかなの無料メルマガ講座

こちらも読まれています

わかな自己紹介

-テーマCocoon
-

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5