プラグイン

プラグインClassic EditorでWordPress5以降でも旧エディターで記事を書く

 

こんにちは、わかなです。

 

2018年12月にリリースされた「WordPress 5.0」。

それに伴い、「Gutenberg(グーテンベルグ)」という新エディターに変わりました。

 

旧エディターを使っていた私にとっては

正直、かなり使いづらいものになりました。

 

旧エディターの方が、記事投稿の画面が表示されるWebページに近かったからです。

 

なので今回は旧エディターに戻すプラグインを紹介したいと思います。

 

プラグインClassic Editorの導入方法

プラグインClassic Editorをインストールしていきましょう。

 

ダッシュボード画面から プラグイン → 新規追加

 

Classic Editor をコピーして、プラグイン検索へ貼り付けます。

「今すぐインストール」をクリックします。

 

「有効化」をクリックします。

 

これで、記事投稿画面でクラシックエディターを使うことが出来ます。

 

旧エディタのプラグインが使えるのは、2020年まで。

それ以降はわからないとされています。

 

私も少しずつ新エディターに慣れていきたいと思います。

 

わかなの無料メルマガ講座

こちらも読まれています

わかな自己紹介

-プラグイン
-

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5