プラグイン

PHP更新が必要?プラグインPHP Compatibility Checkerとバージョンアップ方法

 

こんにちは、わかなです。

 

先日、ダッシュボードに表示された警告。

「サイトが安全ではないバージョンのPHPを実行していることを検出しました。」とのこと。

 

 

…ちょっと焦ってしまいますよね。

しかし、PHPを更新すると良さそうなことが書いてあります。

 

それでは、PHPの更新の方法について説明していきたいと思います。

 

 

PHPとは?

WordPress はプログラミング言語「PHP」が使われています。

この PHP のバージョン設定は、レンタルサーバー会社によりサーバー側で行われています。

 

 

PHP更新の前に。プラグインPHP Compatibility Checker

バージョンアップ前に、やるべきことが4つ。

 

●バックアップの作成

●本体、テーマ、プラグインの更新(アップデート)

●PHPの互換性をチェックする

●PHPの互換性の問題を修正する

 

この後に、PHPを更新していきましょう。

 

バックアップの作成

サイトのバックアップは、取っておくことをオススメします。

 

WordPress 本体、テーマ、プラグインをアップデートする

WordPress 管理画面のサイドメニューから「更新」を選択し、すべてを更新してください。

 

私の場合、WordPress 本体は最新版になっていたものの

使っているテーマ、プラグインは6つ更新が必要になっていたので、更新しました。

 

PHP の互換性をチェックする

プラグインPHP Compatibility Checkerをインストールし、

テーマやプラグインの互換性をチェックしましょう。

 

 

ダッシュボード → プラグイン → 新規追加

PHP Compatibility Checkerを検索。

「今すぐインストール」をクリックします。

 

そして「有効化」します。

 

「ツール」→「PHP Compatibility Checker」もしくは、

「インストール済プラグイン」→「PHP Compatibility Checker」

→「スキャンを開始」をクリックします。

 

最新のPHPバージョンにして、「サイトをスキャン」をクリック。

( ↑ スキャン中なので「サイトを再スキャン」になっています)

 

スキャンには、私の場合5分以上かかりました。

プラグインの数などにもよるとは思いますが、ゆっくり待ちましょう。

 

「警告」が出ていますね…。

 

PHP 互換性の問題を修正する

そのような場合、同じ機能を持つ代替プラグイン(テーマ)を検索し、インストールしてください。

今回は、このプラグインを停止してみました。

 

 

 

PHPのバージョンアップ方法!

ついに、PHPバージョンを更新していきましょう。

 

「更新」よりも「バージョンアップ」の方がカッコイイ気がする不思議

PHP のバージョンはレンタルサーバー会社のサーバーレベルで設定されているため

この作業はサーバーの設定を自分で操作するか

レンタルサーバー会社に依頼するかのどちらかになります。

 

 

私はエックスサーバーを使っているので

ログインして、インフォパネルまで進みます。

 

そして、「PHP Ver.切替」を選択します。

 

 

かなり見ていなかったため、現在のバージョンが「PHP5.6.40」。

これでは非推奨になるのもムリありません。。。

 

それでは、推奨の「PHP7~」に変更します。

 

これで、完了です。

ダッシュボードに戻ると、「PHP更新が必要です」という警告は消えていました。

 

PHP更新まとめ

PHPを更新することで

あなたのWebサイトが、より速く、より安全になります。

 

さらに、検索エンジンの評価が高くなるということで

SEO的にもいいんですね。

 

かなり放っておいたのを反省し、これから小まめに更新していきたいと思います。

 

わかなの無料メルマガ講座

こちらも読まれています

わかな自己紹介

-プラグイン

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5