ブログ

パンが高いのはなぜ?値段を気にせず食べるには?

パンが高いのはなぜ?

パンって種類が沢山あって、おいしいですよね。

特に、甘い菓子パンが大好きです。

 

この店のこの味!…って

ハマって食べ続けるパンと出会えるのも嬉しいですし

引っ越したらパン屋を探す!っていうくらいパンが好きです。

 

「この近くのおいしいパン屋さん、知っていますか?」なんて

会話のネタにもなりますしね。

 

 

以前、我が家では、朝食に食パンを食べたり

土曜半日出勤後のお昼にパンを買ったりして食べていました。

 

しかし、最近ではパンを食べる機会が

ちょっと少なくなってきました。

 

それは、うちの子どもたちが

たくさんパンを食べることによって

「パンの出費が痛い…」と感じられるようになったからです。

 

パンっておいしいけれど、高いんだよね。

 

そう感じてしまったとき(年に数回ある)のために

なぜパンの値段は高いのか、

「パンの出費が痛い問題」の対処法を考えてみました。

 

パンの値段が高いのはなぜ?

パンって、デパートやベーカリーの高いパンから

スーパーで売っているパンまで価格は様々ですが

どんなパンであれ、たくさん買っては、家計に響くというもの。

 

ひよこ先輩
パンが高いの、どうにかなりませんかね?

 

我が家のホームベーカリーでも

粉やイースト、塩、砂糖、バターや卵、牛乳などを入れて作っていたのですが

パン屋さんで、作るパンによって配合を変えたり材料をこだわったりとなると

原価も30%くらいはするそうです。

 

小麦やバター、牛乳の値上がりもしたので

以前より少し高くなったパンや、小さくなったパンもあるような気がしますね。

 

 

作ったパンが全部売り切れればいいのですが

どうしても売れずに残ってしまったパンや

商品として並べられない、失敗してしまったパンも出てきます。

 

 

さらに、パン屋さんを開業するには

設備やオシャレで清潔感のあるお店(内装、外装)が必要です。

 

開業するとなれば、1000~2000万円を超えることだってあるのです。

 

 

スーパーで売られている大手のパンメーカーでも

最新のすごい設備が揃ってそうです。

 

そう考えると、今よりパンの値段は下がることはなさそうですし

少々高くなってしまうのは仕方がないような気がしてしまいますね。

 

パンが高いと感じても食べたいときは?

パン

うちの子ども達が、よく食べるようになってきてから

家族分を満足する量を買おうとすると

「高いな」と感じるようになりました。

 

パンより米の方が、腹持ちがいいんですよね。

 

1人でパン1袋(6枚切り)を食べてしまうと話していた男の子の話、

だんだんと近づいてくるようで、今では全く笑えません。

 

育ち盛りのいる家では、パンは主食ではなく、おやつなのかもしれません。

 

ホームベーカリーで自分で作る

ならば、自分で作るのはどうでしょう?

 

家で焼き立てのパンを食べたいとき

ホームベーカリーでパンを焼くと

好きなだけ食べることが出来ますよ。

 

実家のホームベーカリーは三代目ですが、

新しいホームベーカリーになるごとに

パンを作るのが上手になっていって

美味しく進化しているのがわかります。

 

 

ただ、私は母と違ってマメではないし

計画性もないので、総菜パンを作ったのは最初だけで

もっぱら食パンばかりです。

 

にもかかわらず、ホームベーカリーで作ることが

ちょっと面倒だと感じてしまうこともあります。

 

いくら自宅で簡単に作れるようになったとはいえ

向かない人はいるようです。

 

 

1人だけの贅沢時間に

では、自分の好きなお店でお好きなパンを食べるのはいかがでしょうか。

 

子どものパンを満足するだけ買うとなると

私と子ども達だけで10個以上は

パンを買わなくてはなりませんが

自分だけなら、1~2個で十分ですからね。

 

ちょっと高くて値段の高いパンでも

たまに1人で食べるのならいいかもしれません。

ボロニヤたまらん ><

お得なセットを見つけたので、よかったら。

 

 

大量に購入する

生協やネットでは、箱でパンを買うことができますし

業務用スーパーなどでも大量に買うことができますよ。

 

ただ、我が家では、あればあるだけ食べてしまうので

安くパンを買えたと思っても長く持ちません。

 

生協で買っていたときは、

旦那も食後に食べていたので2日で終わりました。

 

少しずつ食べていく家庭ならいいかもしれませんね。

 

パンを優先して節約!

ネットでは、他の場所では節約しても、

おいしいパンを買いたい!とお考えの方もいるようです。

 

例えば、野菜やお肉など料理の材料は節約しても

お店のパンは、時間と労力がかかっており

職人が作るものは真似できないから

お店のパンを買う!という方もいらっしゃいました。

 

外食するよりは、パンを買った方が安い!とお考えの方もいるようです。

 

ご飯を作る元気がないときは、すぐに食べられるパンは

主婦の強い味方とも言えますね。

 

自分で稼いで気兼ねなく

自分で稼いでしまえば

気兼ねなく、自分の好きなパンを食べることが出来ますよ。

 

自分だけ贅沢しちゃって…

旦那のお金で…と考えちゃう方ならば

自分で稼いでしまった方が

心置きなくパンを買うことができますよ。

 

実際に、本当にパンが高くて買えないという方なんて、ごくわずかで

パンよりも買いたいものがあるときにパンを買うから高いな…

何かと比べてしまうからパンを買うのが高いな…

と思ってしまうのではないでしょうか。

 

それならば、この気持ちはパンに限ったことだけではないかもしれません。

 

ちょこちょこ何かを我慢するのなら

思い切って自分で稼いだ方がいいかもしれませんよ。

 

パンの値段が高いのはなぜ?まとめ

パンはおいしいですが、

材料の高騰などもあり

高い、今や贅沢品と感じている方も多いかもしれません。

 

パンの材料である小麦やバター、乳製品の高騰で

以前よりも少し高く、小さくなったパンもあり

それがパンが高くなったと感じるのかもしれません。

 

でも、あまーい菓子パンや総菜パンが食べたくなったりするんですよね。

思い切り食べたーーい!って思ってしまう魅力がパンにはあります。

 

毎日食べるのは難しいかもしれませんが

ご自分に合った方法で、パンのある生活を楽しみましょう。

 

わかなの無料メルマガ講座

こちらも読まれています

わかな自己紹介

-ブログ

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5