WordPressの使い方 テーマCocoon

【Twitter活用】記事にツイートを埋め込む&ツイートに記事と画像(Twitterカード)を表示する方法!

こんにちは、わかなです。

 

Twitterのツイートを引用したいけど、やり方がわからない!

ツイートに記事のURLを載せたけれど、画像が出てこない!

 

そんなことはありませんか?

 

よりよい記事にするために、

よりアクセスを集めるためにTwitterは、欠かせません。

 

Twitterは使っているけれど、記事やブログと関連付けたことない!という方へ

Twitterの活用方法を紹介していきたいと思います。

 

 

記事にツイートを埋め込む方法

まずは、いいなと思ったツイートを

あなたの記事に埋め込む方法です。

 

 

埋め込みたいツイートの、赤く囲った部分をクリックします。

Twitter

 

すると、プルダウンメニューが開きますので

「ツイートを埋め込む」をクリックします。

Twitter

 

 

グーテンベルグ・ブロックエディターで埋め込む場合

新しいWebページが開きます。

 

グーテンベルグ(ブロックエディター)の場合は、URLを埋め込みます。

 

 

ダッシュボード画面から、記事投稿画面を開きます。

 

プラスのアイコンをクリックすると、埋め込み → Twitter

 

先ほどコピーしたツイートのURLを貼り付けます。

そして、埋め込みボタンをクリックします。

 

すると、ボックスにツイートが反映され、引用されました。

 

 

 

クラシックエディターの場合

「ツイートを埋め込む」をクリックすると

新しいWebページが開いて、「コードをコピー」をクリックします。

Twitter

 

 

次は、ダッシュボード画面から、記事の投稿画面を開きます。

 

ビジュアルからテキストに変更したら、コードを貼り付けます。

 

ビジュアルでは、このように表示されます。

 

画像・動画は表示されませんが

プレビューで確認することが出来ます。

 

 

ツイートに記事と画像を反映させる方法

それでは、次に、投稿済の記事を

TwitterにURLをカードとして貼り付ける方法をご紹介します。

 

 

Twitterでは、自分のブログのURLだけでなく

URLを貼り付けて、ツイートをクリックすることで、ツイートすることが出来ます。

 

 

リンク文字列だけでもいいのですが

画像がある方が、断然クリックされやすいです!

 

しかし、自分のツイートに画像を貼り付けることはできますが

その画像をクリックしても、リンク先には移動できません。

 

 

この2つをキレイに見せてくれる機能が、Twitterカードです。

 

Twitterカードには、自分のツイートに貼り付けたURL(リンク)を

キレイに、見やすくしてくれる機能があるので、ぜひ設定しましょう。

 

 

Cocoonでの設定方法は、こちらの記事にあります。

CocoonでOGP画像の設定方法!推奨サイズも

続きを見る

こちらも読まれています

-WordPressの使い方, テーマCocoon
-, , ,

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5