前向きな生き方

3040代主婦が貯金なしから脱出する6つの方法!

3040代主婦が貯金なしから脱出する6つの方法

貯金ってなかなか難しいですよね。

 

我が家も子ども達の成長にともなって食費も増えてきたし

この先4年毎年、卒業・入学イベントが続きます。

 

小さいうちが貯めどき…なんて言いますが

子ども達が小さいころ、私は家計簿をつけるのが苦手でした。

 

簿記の資格を持っているので

帳簿をつけるのは嫌いじゃなかったと思うんですが

私は専業主婦で、旦那の一馬力だったので毎月赤字で

ボーナスで補填している…というのが辛かったんですね。

 

 

今回は、共働き・専業主婦の家庭で実践できる

貯金方法を紹介していきたいと思います。

 

1年間で100万円ためようと思ったら

SMBCコンシューマファイナンスが行った

「30代・40代の金銭感覚に対する意識調査2019」によると

 

貯金ができていないと答えた30代・40代は、23.1%。

貯蓄額が100万円以下と答えた30代・40代は60.5%でした。

 

 

もしも1年間で100万円貯金しようと思ったら

1か月で83,333円ずつ貯金していけばいい計算で

1日に2,778円ずつ貯金していけばいい計算になります。

 

これが1年間で50万円貯金しようと思ったら

大体半分ずつになります。

 

当たり前のようですが、1年間貯めないと貯蓄額は増えません。

 

 

貯金も目標設定が大切!

お金はあったらあっただけ良い

 

確かにそうかもしれませんが、

目標設定をしないと、「お金があるから使っちゃおう!」となりがちです。

 

何のためにお金を貯めたいのかは、もちろんですが

貯金を増やすには、支出を減らすか、収入を増やすか、資産運用するかの

3つの方法だけですので、作戦を立てないといけません。

 

作戦を立てるためには、毎月のお金の流れを知る必要があります。

家計簿をつけるなどして、支出と収入について把握しておきましょう。

 

 

貯金アイデア6つ

私が実践した・実践したことのある

貯金を増やすためのアイデアを6つ紹介します。

 

使わない口座を開設する

いつも使っている給与口座の他に

「貯める口座」を用意することは良く言われていますよね。

 

この貯める口座を2つ作ります。

 

1つ目は年内に使う予定のために預金口座です。

我が家の場合だと、今年の入学準備のための口座になりますが

税金や車検代もこちらの口座に振り分けます。

 

もう1つは、数年後に使う予定の預金口座なのですが

気持ち的には、永久に使わないくらいの気持ちで貯める口座です。

 

この手をつけない預金口座があるだけで

これだけよく頑張って貯めたよねって気持ちになり

もしものときも安心という気持ちから、安定剤となります。

 

 

固定費を見直す

固定費は、毎月同じ金額で必要な金額です。

 

家賃や家のローン、車のローン、保険料やスマホ代などは

見直すことで、翌月からの固定費を継続して減らすことが出来るので

早めに見直して損はありませんよ。

 

 

会社の財形貯蓄を利用する

会社に財形貯蓄制度があるのなら、利用しましょう。

「給与天引き」で会社を通して金融機関に預ける形です。

 

給与天引きだと、「手元にお金があると使ってしまう」と言う人でも

自動でお金が貯まる仕組みなのでオススメです。

 

突然お金が必要になったときには

引き出すことができるので、心強いです。

 

私も独身の時には財形でお金を貯めていましたが

一度引き出したときに、手続きの面倒さから

「もう引き出さない」と誓ったものでした。笑

 

 

投資運用する

投資運用は、お金が溜まってから…と思っていましたが

今は1000円から投資運用ができるんですね。

 

毎月決まった金額を引き落として投資する

「投信自動積立」なら1000円から月々の購入が出来ます。

 

またiDeCo(イデコ)、個人型確定拠出年金なら

60歳未満の方なら毎月5000円から積み立てをすることができます。

 

さらに、掛け金が「所得控除」の対象となるのも嬉しいです。

 

 

収入を増やす

なかなかお給料がアップすることが

見込めないのなら、副業もアリかもしれません。

 

ネットビジネスなら

月々2000円以下で始めることが出来ます。

 

そして、作業をしていない時間も

お金を稼ぐしくみになっているので

コツコツと稼ぎたいという人にはオススメです。

 

やっぱ節約!支出の減らす

1番簡単にできるのは、やはり節約すること。

 

なんとなく寄ったコンビニでお買い物してしまう

スーパーで予定以上に買ってしまうのも

たまにはいいかもしれませんが

必要でないものを買わないことが1番の節約です。

 

買うものをリストアップしてから買い物に出ると、

「これはリストにないけど、どうする?」と

もう一回考えることができ、衝動買いを減らすことが出来ます。

 

30・40代が貯金なしから脱出する6つの方法!さいごに

私が新婚の時、将来の不安から

食費を削って節約のことばかり考えていました。

 

そんなときに祖母から

「節約もいいけれど、楽しくなくちゃダメ。

ちょっとくらい贅沢したっていいの。」と言われました。

 

当時の私は若かったので

「贅沢という息抜きがなくても貯めて見せる!節約も楽しい!」という気持ちでしたが

「今を大切に…」って今ならわかります。

 

(今思うと若さゆえに、かなりヤバイくらい食費を削っていたので

祖母が心配する気持ちもわかります。)

 

なんでもそうですが

自分が続けやすい方法が1番!…ですよね。

こちらも読まれています

-前向きな生き方

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5