ブログ

ママ友との会話が続かなくて苦手!NG話題と対処法は?

ママ友

子育てをしているお母さんで

 

ママ友との会話が続かない

何を話したらいいのかわからない

 

…と思ったことはありませんか?

 

 

私の場合、

三男だけ年が離れていたし

仲の良かったママ友とは

子供が別々の小学校なってしまい

 

1からママとも作るくらいなら

ママ友がいなくてもいいかな?

 

と思った時期もありました。

 

 

ですが、

これでは、ちょっと寂しい…

 

と、思って

ママ友づくりを再スタートした私、わかなですが

今回は、ママ友との会話のコツについてまとめてみました。

 

 

まずは挨拶から!

気持ちの良い挨拶をして

イヤな気持ちになる人はいません。

 

ママ友同士に限りませんが

 

挨拶を自分からすることによって

いい印象を与えることができます。

 

 

ママの「挨拶スルー」

という言葉もあるんですね。

 

私の挨拶はスルーするのに

違うママとは挨拶している…

と、私も気になったことがありますが

 

相手については、

「この先の仕事や

夕飯の献立でも考えていたんでしょ」

くらいに考えておくと楽ですよ。

 

貴重な時間を

「挨拶スルー」問題に使うのは

時間の無駄でしかありません。

 

「自分も挨拶しない」と

わざわざ同じ土俵に立つ必要もありませんし、

一緒にいる子供のお手本になれるよう

自分から誰にでも挨拶していくのがいいと思います。

 

まずは聞き役に徹する

「なにか面白いことを言って盛り上げよう」

「なにか気の利いた話をしよう」

 

と、思って会話をすると

大体空回りしてしまうものです。

 

そんなときは、

無理せず笑顔で

聞き役に徹することが大切です。

 

真剣に聞いていれば、相手に伝わりますし

会話のネタになる質問も出やすくなりますよ。

 

 

最初のとっかかりは

相手のお子さんをよく見て、褒めるのが無難です。

 

●「この前、うちの子と一緒に本読んでたよ」

→どんな本が好きなの?どんな本持ってる?

 

●○○が上手、など得意なこと

→家でどんなこと(習い事含む)してるの?

 

●しっかりしているね、など性格

 

●(洋服のキャラクターから)

キャラクターの話など

 

最後は、相手が答えやすい質問に繋げると

会話のキャッチボールを始めることができますよ。

 

 

ママ友との会話のNG話題と対処方法

子どもの年齢は同じでも

ママ友はそれまでの年齢や経験、

価値観が似ているというわけでもありません。

 

どうせなら、

波風立てずに付き合いたいということで

NG話題とその対処法について考えてみました。

 

旦那の会社、年収について

「ママ友カースト」なんて

ドラマの話だと思っていましたが

 

女性同士の中では

無意識の競争意識や

優越感に浸って幸せだと感じる人は多いようです。

 

 

確かに旦那の学歴や会社、年収なんて

格好の話題のネタになるのかもしれません。

 

 

ですがもしも、

年収などを聞かれた場合は

具体的な金額を上げるのはやめましょう。

 

「一般的よりも少ないくらい」

「毎月いっぱいいっぱいだよ」みたいな。

 

周りより多くても妬まれやすいですし

少なくても同情されて、面倒なことになります。

 

 

子どもの自慢について

子どもの成長は嬉しいものですが

会話の内容があまりに自慢話だらけだと

聞いている方も疲れてしまいます。

 

●頭いい自慢

 

幼少期は、

〇才でひらがなが読めた

時計がわかる などなど

 

まぁ大人になるまでには大体できます。

 

 

●かわいい自慢

 

初孫フィーバーのおじが

「今日の主役がきましたよ」

といって孫連れて現れたのには、若干引きました。

(うちの三男と2歳差)

 

大体、自分ちの子が1番かわいいんですよ

と言ってやりたい。

 

これは、一応身内だし、ギリいいのかなw

ママ友同士でやると即NGですよね。

 

●成長早い自慢

 

特に赤ちゃんのときは

できる・できないは個性だと思っていても

つい、成長の早い赤ちゃんと比べてしまうもの。

 

でも成長が遅いのは、

決してお母さんの努力が足りないからではありません。

 

 

自慢してくる人には

適当に相づちを打って話を合わせましょう。

 

そして、やんわりと話題を変えるか

フェードアウトしかないと思っています。

 

本人は自慢していると自覚している場合がないので。

 

 

私が若かった時

自慢してくるママさんと張り合ってしまったことがあって

(あ。うちもできますよーって)

ちょっと大人げなかったと反省していますw

 

 

自慢話をするのなら、身内だけにするか

相手を選んで話した方が良さそうです。

 

 

旅行の話

こちらも相手を選びますが

海外旅行や遠方への旅行は

話さない人が多いようです。

 

やはり旅行は

休みが取れて、

お金がないと行けませんからね。

 

羨ましいと思われて

妬まれるのを避けるためだと思われますし

人に話すと、お土産を買うことになるかもしれません。

 

 

逆に、旅行に行くと言われた場合は

「いいね、お土産買ってきてねー(社交辞令)」

って軽く答えればいいのかと。

 

 

ママ友でイライラしないコツ

「ママ友」と言っても

様々な方がいますよね。

 

自分の常識だと思っていたことが通じない、

こんなことで自慢?妬み?挨拶スルー?

 

価値感が違い過ぎて、

イライラすることもあるかもしれませんが

 

ママ友は、あくまで

”子どもを通じて知り合った友達”であって

「自分と子どもとの時間を第一に」

考えていきましょう。

 

 

私も新しいママ友ができるように頑張ります^^

 

 

 

わかなの無料メルマガ講座

こちらも読まれています

わかな自己紹介

-ブログ

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5