WordPressの使い方

エックスサーバーの契約や料金、登録や支払いの方法は?

 

こんにちは、わかなです。

ネットビジネスを始めようと思ったら、

やはり自分のブログはあったほうがいいかもしれませんね。

 

でも何からはじめたらいいか、わからない。。。
そんな人でも大丈夫!

レンタルサーバーとドメインについて説明していきます!

 

まず、レンタルサーバーですが、これはサーバーの設備を貸し出すサービスです。

 

このレンタルサーバーを使うことで、

独自ドメインのウェブサイトを作ることができるようになります

 

よく例えに使われるのが、サーバーは土地で、独自ドメインは住所、

そこにホームページ(ブログやサイト)の建物を建てていく…というイメージです。

 

 

とはいえ、サーバーなんてわからない…という方も多いと思いますので

今回は私の使っているエックスサーバーについてお話しますね。

 

エックスサーバーの契約プランや料金は?

私がエックスサーバーをオススメするのは、使い勝手はもちろんなのですが

ブログ作成で必要なWordPressを自動でインストールできるため。

 

この「自動」って響きがいいですよね。

特に初心者の方には、ブログを作るより前に、面倒くさくて諦めてほしくないので

オススメのレンタルサーバーだと思っています。

 

 

まずは、エックスサーバーの料金です。

エックスサーバーのプランは3種類あります。

 

エックスサーバープラン

X10(スタンダード)プラン:200GB 月額1000円

X20(プレミアム)プラン :300GB 月額2000円

X30(プロ)プラン    :400GB 月額4000円

※金額は1年契約時のものです。
最初の契約時に3000円の初期費用がかかります。

 

なので、X10(スタンダード)プランにした場合の利用料金(支払い料金)は3パターン。

 

X10の利用料金

●3カ月 :1200円×3カ月(+初期費用3000円)→6600円

●6カ月 :1100円×6カ月(+初期費用3000円)→9600円

●12カ月:1000円×12カ月(+初期費用3000円)→15000円

 

最初はX10(スタンダード)プランでいいと思います。

 

契約の期間が長い方がお得だし、お財布と相談かな

 

 

手軽に始められるとはいえ、

初期費用に結構お金がかかるな…と思われたかもしれませんが

これでも事業主として始められることを考えたら、「手軽に始められる」と思います。

 

逆に言えば、これだけの初期費用で始めることができるんです。

 

ブログを始めるなら、処理速度や安定性、そして長く使えることは

少しお値段がかかっても、押さえておきたいポイントだと思っています。

 

 

エックスサーバー登録方法 動画

それでは、エックスサーバーの登録方法を紹介したいと思います。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

ポイント

エックスサーバーはこちらから

 

こちらの画面から「お申込み」をクリック。

そして、「お申込みフォーム」をクリックします。

 

新規の方は、「エックスサーバー会員IDを持っていない」をクリックしてください。

そうすると、契約内容や会員情報を入力する画面になります。

 

エックスサーバー

まずは、サーバーIDを決めます。

契約プランは、X10(スタンダード)プランをオススメします。

 

 

そして、会員情報の入力です。

こちらで登録するメールアドレスには、契約の更新のメールが来ます。

 

メールアドレスを取得していなければ、こちらからどうぞ。

CHECK!
Gメール(googleアカウント)取得方法!

続きを見る

 

 

最後に、【「利用規約」「個人情報の取り扱いについて」に同意する】に、チェックをいれて

お申込み内容の確認」をクリックします。

 

 

「入力の確認」の画面が出るので、

正しく入力されていることを確認し「お申込みをする」をクリックします。

 

 

登録したメールアドレスに

エックスサーバーから会員IDとパスワードが書かれたメールが届きますので

さっそく会員IDとパスワードを使って、インフォパネルにログインしてみましょう。

 

 

エックスサーバーの料金の支払い方法

エックスサーバーには、10日間の無料お試しサービスがあり

他社との比較、検討ができるサービスがあるのですが、

めんどくさがりの私は、この時点で支払いまでしてしまいたいと思います。

 

 

先ほどの会員IDとパスワードを使って、インフォパネルにログインしたら

左側のサイドバーの中にある「料金のお支払い/請求書発行」をクリックします。

 

エックスサーバー

チェックをいれて、「お支払方法を選択する」をクリック。

 

 

支払い方法について

エックスサーバーの支払方法は4つ。

銀行振込、クレジット、コンビニエンスストア、ペイジーの中から選ぶことができます。

 

ただ、銀行振込だけは、手数料がかかってしまうので注意が必要です。

 

 

手数料のかからないコンビニでのお支払いの場合は、

契約の金額を確認し、支払うコンビニを選択し、名前を入力します。

 

電話番号とメールアドレスは、登録したものが表示されます。

 

「コンビニ支払い情報の発行」をクリックすると、払込依頼書が発行されるので、

振込票番号(13桁)をメモまたは払込依頼票を印刷し、支払いをします。

 

あとは、コンビニで、「振込票で支払いたい」といえば、支払うことが出来ます。

それと引き換えに「インターネットショッピング払込領収書」を発行してもらえます。

 

 

 

クレジットでのお支払いの場合は、番号を入力すればOK。

ただ、クレジットでの支払いの場合、請求書は発行されません。

 

クレジット支払いで請求書が必要な場合は

「銀行振り込み」を指定してお支払い伝票を発行し、伝票発行後、「詳細」のボタンより、カード決済へ変更することができます。

 

最近はクレジットでお支払いをしていますが、最初はビビってコンビニまで走っていました。。。

 

こんな感じで、エックスサーバーは契約できました。

 

わかなの無料メルマガ講座

こちらも読まれています

わかな自己紹介

-WordPressの使い方

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5