プラグイン

プラグインPS Auto Sitemapで自動でサイトマップを作る方法!ブロックエディター版も

 

こんにちは、わかなです。

今回は、あなたのブログに来てくれた人(閲覧者)が

見たい記事・好みの記事を見つけられるように、閲覧者用のサイトマップを作りたいと思います。

 

今回紹介するのは、「PS Auto Sitemap」

その名の通り自動でサイトマップを作ってくれるプラグインです。

 

 

ブロックエディターでプラグインPS Auto Sitemapの導入・設定方法動画

プラグインPS Auto Sitemapの導入・設定方法を動画でまとめてみました。

ブロックエディターでの方法です。

 

クラシックエディターの場合は、下記をご覧ください。

 

プラグインPS Auto Sitemapの導入方法

まずは、サイトマップを作ってくれるプラグイン「PS Auto Sitemap」をインストールします。

ダッシュボード画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

 

PS Auto Sitemap

 

上記をコピペして、「PS Auto Sitemap」を見つけたら

「今すぐインストール」ボタンをクリックし有効化します。

 

プラグインPS Auto Sitemapの設定方法

「設定」→「PS Auto Sitemap」をクリックします。

まずは、画面のずっと下「ご利用方法」まで下がってください。

 

そして、赤枠で囲ったショートコードをコピーします。

 

 

次に「固定ページ」→「新規追加」をクリック。

 

テキストモードに変更して

投稿文に、先ほどのショートコードを貼り付けます。(①)

 

タイトルは、「サイトマップ」に。

パーマリンクも「site-map」にしました。(②)

そして、「公開」をクリックします。(③ 私の場合「更新」になっていますが)

 

 

次は、「固定記事一覧」画面で

先ほど作った「サイトマップ」のIDを確認します。

私のサイトマップのIDは33番です。

みんなが33番じゃないから注意だよ

 

 

再び「設定」→「PS Auto Sitemap」に戻ります。

 

「サイトマップを表示する記事」に、先ほどのIDの数字を入力します。

(私の場合は、33)

「変更を保存」をクリックし完了です。

 

これで、閲覧者用のサイトマップの完成です。

 

サイトマップは、閲覧者がお目当ての記事を探しやすいように

グローバルメニューにあることが一般的なので、追加してみましょう。

 

 

また、今回は閲覧者用のサイトマップを作成しましたが

次回はgoogleクローラー用のサイトマップを作成します。

プラグインGoogle XML sitemapsでクローラー用のサイトマップを作る方法!SEO必須

続きを見る

 

 

また、今回作ったサイトマップをグローバルメニュー内に表示します。

グローバルメニューの設置方法!ブロックエディター版も

続きを見る

 

プラグインPS Auto Sitemap導入・設定まとめ

今回は、プラグインPS Auto Sitemap導入・設定について

ブロックエディター版を動画で紹介しました。

 

記事の投稿画面以外は、クラシックエディターと変わりません。

クラシックエディターの場合でも、動画を見て設定してみてくださいね。

こちらも読まれています

-プラグイン

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5