WordPressの使い方

ワードプレスの初期設定!タイトルやPING設定、パーマリンクやSSL化も

 

こんにちは、わかなです。

 

ワードプレスもインストールできて

さぁ記事を書くぞー!!

と、意気込んでいらっしゃる方も多いかもしれません。

まぁまぁ落ち着いて

 

今回は、記事を投稿する前に、

ワードプレスの初期設定について紹介していきたいと思います。

 

 

WordPress導入後のやって損はない初期設定の方法

まずは、こちらの動画をご覧ください。

 

WordPressの初期設定

まずは、ブログの準備をしていきましょう。

まずは、ワードプレスにログインして、ダッシュボードの管理画面を開いてください。

 

ブログタイトル・キャッチフレーズ

「設定」 → 「一般」 

サイトのタイトルと、キャッチフレーズを入力します。

 

サイトのタイトルは、ワードプレスのインストールの際に入力した、ブログ名。

気が変わったら、ここで変更しても大丈夫です。

 

できればタイトルはわかりやすい方が親切かなと思います。

そして、キャッチフレーズも。

 

やはり1番最初に目が行く部分なので、

覚えやすく、インパクトがあったり、目を引いたりするような名前がいいかなと思います。

 

そして何より、自分の愛着の持てるといいですね。

 

さらに言うと、タイトルや説明文で

このブログってこんなブログ!

この人ってこんな人!って、ちょっとでもわかるといいかなと思います。

 

 

SSL化

今回の動画では触れていませんが、

SSL化については、こちらで詳しく説明しています。

プラグインReally Simple SSLで簡単SSL化を動画で説明!

続きを見る

 

プラグインを使うと、一瞬でできるのですが

プラグインの不具合が不安、あまりプラグインを入れたくない(動作が遅くなる等)

という方のために、手動の方法も紹介したいと思います。

 

手順は、

1.SSL化されているか確認(サーバーパネル)

2.URL変更(ダッシュボード)

3..hataccess編集でコピペ(サーバーパネル)の3つです。

 

 

まずは、SSL化されているか確認します。

一緒にエックスサーバーで紐づけされている方は大丈夫だと思いますが、念のため。

エックスサーバーのインフォパネルにログインし、サーバーパネルを開きます。

そして、SSL設定をクリックします。

 

SSLを設定するドメインを選択して、SSL一覧にサイトのURLが表示されていればOKです。

 

サーバーパネルには、また戻ってくるのでWebページは閉じないでください。

 

 

 

次に、WordPressの管理画面にログインします。

設定 → 一般

 

こちらのWordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)に

半角で「s」を加えて「https://」とし、変更を保存をクリックします。

 

 

 

次に、再びサーバーパネルに戻って「.htaccess編集」を選択します。

先ほどSSL化したサイトを選択します。

 

編集の際には、上記のような警告文が表示されます。

「.htaccess編集」タブをクリックします。

 

下記をコピーして貼り付けるだけなのですが、場所が大事。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]
</IfModule>

 

最初からあるコードの一番上に、こちらのコードを貼り付けて追加してください。

そして、「.hataccessを編集する(確認)」をクリックします。

 

これにより、保護されていないhttpにアクセスがあると

自動的に、保護されているhttpsのページにリダイレクト(転送)してくれます。

 

手動もプラグインもどちらも簡単にできるので

お好きな方をお選びください。

 

PING設定と送信先(更新情報サービス)

次は、PING設定をしていきます。

 

「設定」 → 「投稿設定」にある、情報更新サービス。

新しい投稿を公開すると、WordPress は次のサイト更新通知サービスに自動的に通知してくれるそうです。

 

PNIGの送信先は、こちら。

下記をコピーして、情報更新先の部分に貼り付けてください。

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

http://blogsearch.google.com/ping/RPC2

http://ping.dendou.jp/

http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/

http://pingoo.jp/ping/http://ping.feedburner.com/

http://ping.rss.drecom.jp/

http://rpc.pingomatic.com/

http://rpc.reader.livedoor.com/ping

「変更を保存」します。

 

 

パーマリンク設定

次は、パーマリンク設定をしていきます。

 

パーマリンクと言われてもピンと来ないかもしれませんが

パーマリンクとは、Webサイトの個々の記事に割り当てられたURLのこと。

記事ごと、ページごとに割り振られたのURLのことです。

 

https://huka2.com/パーマリンク/ 

私のURLだとこんな感じ。

独自ドメインよりも後ろにつく部分です。

 

 

「設定」→「パーマリンク設定」

 

パーマリンク設定は、初期設定は「基本」になっているのですが、

〇日付と投稿名

〇月と投稿名

〇数字ベース

〇投稿名

〇カスタム構造

 

これだけの中から選べるようです。

 

投稿名とカスタム構造がオススメされています。

 

カスタム構造の場合、下記の文字列を

カスタム構造横の白枠にコピーしてください。

/%postname%-%post_id%

 

 

パーマリンク設定の注意点

パーマリンクの設定は、

ブログを作ってから、1記事も投稿していない状態で設定してください。

 

パーマリンク設定を途中で変更するということは

記事のURLが変わってしまうということなので、アクセスが減ってしまう恐れもありますし

今まで記事を認識してくれていた検索エンジンが、いきなり記事を見失ってしまう可能性だってあります。

 

もちろん、SNSのいいね!やツイートされた記事も見当たらなくなってしまうかもしれません。

 

 

また、パーマリンクは日本語にも対応していて、

自分で記事を見つけるには早いかもしれませんが

検索エンジンが基本英語で認識しているためか、日本語部分がURLとして認識されない場合があるようです。

 

 

そして、パーマリンクにSEO効果を持たせるには

パーマリンクを見ただけで、何について書いてある記事なのかがわかると

自分もわかりやすいですし、検索エンジンにとっても振り分けやすいかもしれません。

 

 

わかなの無料メルマガ講座

こちらも読まれています

わかな自己紹介

-WordPressの使い方

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5