ブログ

新型コロナから学ぶ副業という選択!リスクヘッジの考え方

新型コロナウィルスの影響で

臨時休校やテレワーク(在宅ワーク)などに

振り回されている・環境を大きく変えた方も多いのではないでしょうか。

 

私がパートを続けていたら

朝は子ども達のために、お弁当や昼ご飯を作ってから出勤しなければならなかったし

それでも数多く休むことになると思うので、3月分4月分のお給料は全然期待できません。

 

今回は、特別定額給付金が一律10万円に決まりましたが、今度同じようなことが起こったら…?

って考えていくと、不安は尽きませんよね。

 

だからといって、何事もネガティブになってしまうのも考えものです。

心配ばかりにフォーカスしてしまうと、心配事しか見えなくなってしまいます。

 

「ピンチはチャンス!」という言葉があるように

しんどい、居心地が悪いと感じたときこそが、今を変えるチャンスだと思うからです。

 

今回は、新型コロナをきっかけに働き方について考えてみました。

 

新型コロナで考えるピンチはチャンス?

新型コロナが蔓延していることは、「事実」ですが、何もあなたがネガティブになる必要はありません。

 

ようは、捉え方だと私は思っています。

 

家にいる時間が長くなったのなら

子どもとの時間が前よりとれるようになったとか

読書をしてインプットする時間が増えたとか

無理やりにでもポジティブに考えた方が、気持ちも楽になると思うんです。

 

赤毛のアンのように「いいこと探し」をするような感じ。

 

もちろん、新型コロナの影響で大変なことになっている会社や業界もありますが、

様々な新サービスやアイデアを打ち出していて、「応援したい!」という気持ちになりますし

私にできることは少ないですが、利用できたらと考えています。

 

会社に依存しない働き方!

まず、最近よく聞くようになったリスクヘッジって言葉ですが、もともとは金融業界の言葉なんですね。

 

リスクヘッジとは

「リスク」には危険、ヘッジには「回避」という意味があり、リスクヘッジは危険を回避するという意味で使われます。

 

実は、会社の10年後の生存率は6.3%と言われています。(国税庁)

あなたの働いている会社だって、10年後にはなくなっているかもしれないのです。

 

ひよこ先輩
1割ないじゃん!

思っていたより少なくて、私も知ったときはゾッとしました。

 

突然会社がなくなる…なんてちょっと想像できませんが

突然解雇されてしまったり、

パワハラ・セクハラなどの被害に遭い、自ら会社を辞める決断をしなければならなくなったりするかもしれません。

 

だからこそ、今の会社だけに依存することなく、複数の収入の柱を持つことで

選択肢を増やし、何かあったときに備えておくことが大切だと思っています。

 

副業という選択も

今や国は副業を勧めていて、会社員でも副業ができる時代です。

 

もちろん、パート勤務でも副業は可能です。

詳しくはこちらの記事でも書いています。

副業 パート
パートでも副業はできるの?収入減に備える働き方

続きを見る

 

副業をすることで、新たに収入の柱を得ること

そして自分の新たなスキルを身につけておくことができれば

何があっても大丈夫といえるかもしれません。

 

特に、自分の力でお金を生み出すことが出来れば最強ですよね。

 

私はできれば息子たちにも、

自分の力でお金を生み出すスキルを身につけてほしいと思っているし

自分の副業で蓄えた知識を奥さんに伝えたい旦那さんがいることも知っています。

 

ほんと、身内にしか教えたくないほどの最強のスキルなんですよね。

 

 

まずは、自分が成長することを優先して選択していくといいですよ。

やっぱり成長のためには、行動あるのみです。

 

ついつい、「あとで…」と後回しにしたい気持ちもわかりますが、今が成長するための大きなきっかけとも言えます。

私は、「会社やめたい!」という気持ちが原動力となり、今は在宅でお仕事をしています。

 

今、幸せで、恵まれていて、現状を変えたくないのであれば、そのままでいいと思います。

 

しかし、今の居心地が悪くて、収入に不安があって、もっと成長したいと思っているのなら

今回の新型コロナ騒動から学び、行動に移すべきだと思っています。

 

 

世界で疫病が流行るのが4年ごとなのだそうです。

つまり、オリンピックイヤーですね。

 

その頃には、新しい収入の柱があると

何にも動じない生活が送れるのではないでしょうか。

 

今できる準備をしていくことで、今後大きな差になると思っています。

これをチャンスと思って動き出している人は、既にいます。

本来ならば、「テレビつまらん、ヒマだー」なんて思っている時間の余裕はないんです。

 

「新型コロナ」ありきで、在宅でできる副業も考えていくべきだと思っています。

 

新型コロナが収束しても、オンライン飲み会やリモート飲み会の需要はあるし、家族とのおうち時間を大切だと感じた人が多いはずです。

 

だって、楽しい!便利!、ステキ!に気づいちゃったんです。

 

終電や代行など帰りのことを気にしなくてもいいですし、服だってそこまで気にならない。

飲み会の予定が夫婦でかぶっても、家で友達と繋がれるって楽しいですし

子どもと過ごす時間も楽しい、こんなことができるんだって成長を感じられるって、今しかできないですもん。

 

働き方や生き方も、「新型コロナ」をきっかけに新たなステージへシフトしていくかもしれませんね。

 

わかながやっている家でできるお仕事についてこちらのメルマガでもお話しています。

現在、入力いただいたメールアドレスに、アフィリエイトの教科書を無料でプレゼントしています。

 

メルマガでは、わかなが在宅のお仕事を始めたきっかけについてや

実践している副業のやり方の基本について説明をしていますので、興味があれば登録してみてくださいね。

 

わかなの無料メルマガ講座

こちらも読まれています

わかな自己紹介

-ブログ

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5