Googleアドセンス ツール

Google Search Console(サーチコンソール)のプロパティ登録設定方法!

 

こんにちは、わかなです。

今回は、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録方法について

紹介していきたいと思います。

 

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは?

Google Search Console (グーグルサーチコンソール)は、

Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。

 

サーバーエラー、サイトの読み込みエラー、ハッキングやマルウェアなどの

セキュリティの問題を監視し、場合によっては解決できます。

 

また、検索パフォーマンスに関連してサイトのメンテナンスや調整をスムーズに行うことができます。

 

もちろん、無料のツールなので、必要なのは、有効な Google アカウントだけです。

Googleアカウントは、Gmeilを使うときに作りましたね。

Gメール(googleアカウント)取得方法!

続きを見る

 

サーチコンソール登録方法

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録は、こちらから。

 

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

グーグルで検索した場合は、すぐにプロパティタイプの選択画面になるかもしれません。

 

Googleアカウントとパスワードを入れてログイン。

サーチコンソールの左上部分に表示されている、プロパティ選択部分をクリック。

 

そこで、「プロパティを追加」をクリックします。

 

プロパティタイプの選択として、ドメインとURLプレフィックスを選択できます。

このどちらか選択して、所有権を証明します。

 

所有権?
自分のブログの情報を見るんだから、このブログは私のものって証明しないとダメでしょ?

 

 

URLプレフィックスを選択した場合(オススメ)

URLプレフィックスを選択する場合は、

ご自身のWebサイトのアドレスを、http://やhttps://から入力していきます。

 

プロパティの URL は最後の / 記号まで含めて、

ブラウザのバーに表示されるのとまったく同じように指定することが重要。

 

うちの場合

https://huka2.com

サブドメインの場合は、最後の スラッシュ( / ←トレイリングスラッシュ)まで入力します。

 

プロパティ http://example.com/ 追加した場合

〇  http://example.com/dresses/1234
×  https://example.com/dresses/1234   https の場合は一致しません
×  http://www.example.com/dresses/1234  www. の場合は一致しません

 

URLを入力して、「続行」をクリックすると

「所有権の確認」画面が出てきます。

 

所有権を確認するためには、5つの方法があるようです。

 

●HTML ファイル(オススメ)
ウェブサイトに HTML ファイルをアップロードする方法

 

●HTML タグ
メタタグをサイトのホームページに追加します

 

●Google Analytics
Google アナリティクス アカウントを使用する

●Google タグ マネージャー
Google タグ マネージャーのアカウントを使用します


●ドメイン名プロバイダ
DNS レコードを Google に関連付ける

 

 

HTMLファイルのアップロード方法

今回は、おすすめの確認方法、HTMLファイルをアップロードしましょう。

 

所有権の確認

所有権の確認のために、あなたのサイトにHTMLファイルをアップロードしまず。

 

まずは、手順に沿ってファイルをダウンロードします。

ダウンロードのボタンをクリックしてください。

 

ダウンロードしたファイルは、

デスクトップなどわかりやすい場所に保存しておいてくださいね。

 

今回は、エックスサーバーを使った導入の方法を紹介します。

 

まずは、エックスサーバーにログインします。

そして、サーバーの「ファイル管理」をクリック。

エックスサーバー ファイル管理

 

すると、ファイルの一覧が表示されるので

サーチコンソールを導入したいドメインを選択します。

 

 

 

次に「public_html」というファイルを選択します。

ファイルマネージャー

 

 

続いて、パスの部分が「あなたのドメイン/public_html」になっていることを確認し

先ほどデスクトップに保存したファイルを参照から選んで、アップロードします。

 

アップロード

 

さきほどのサーチコンソールの画面に戻って「確認」をクリックします。

 

「所有権を自動確認しました」というウィンドウが出てくれば、完了です。

 

 

ドメインを選択した場合(上級者向け)

ドメインを選択した場合、http://やhttps://を除いた、ドメインを入力してください。

ただし、こちらは、上級者向けの設定となります。

 

プロパティ example.com で追加した場合

〇  http://example.com/dresses/1234
〇  https://example.com/dresses/1234
〇  http://www.example.com/dresses/1234
〇  http://support.m.example.com/dresses/1234

 

入力し続行すると、「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」のウィンドウが出てきます。

 

上記②にある、TXTレコードをコピーします。

 

あなたがエックスサーバーを使っている場合

インフォパネルからログインし、サーバーパネルまで移動してください。

(ホーム画面のサーバーIDの「サーバー管理」をクリックします)

 

ドメインの中から、「DNSレコード設定」を選択します。

そして、今回登録するドメインを選択します。

 

 

ただし、エックスサーバーでも「上級者向けの機能」と注意喚起をしています。

本機能は上級者様向けの機能です。
本機能にてサブドメインのみ他社サービスを使用したり、メールサーバのみ他社サーバーを使用するなど、ドメイン割り当ての詳細機能が利用可能ですが、設定内容に誤りがある場合、【ドメインが正常にご利用いただけなくなり】Web表示やメール受信に影響が及ぶ可能性があります。

よくわからない、設定に不安がある場合は、URLプレフィックスを選択することをオススメします。

 

タブメニューで「DNSレコード追加」を選択し、クリックします。

 

ホスト名は、そのまま入力せず。

種別は、TXTに変更します。

内容は、先ほどコピーしたTXTレコードを貼り付けます。

優先度は、0です。(MXレコードを選択していないので関係ない)

 

「確認画面へ進む」をクリック。

確認画面で入力を確認したら、「追加する」をクリックします。

 

 

DNS 変更の確認には時間がかかることがあります。

すぐにレコードが確認できない場合は、1 日待ってからもう一度お試しください。

 

最後に、グーグルサーチコンソールに戻って「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」画面で

確認をクリックして終了です。

 

「所有権を自動確認しました」というウィンドウが出てくれば、完了です。

 

 

わかなの無料メルマガ講座

こちらも読まれています

わかな自己紹介

-Googleアドセンス, ツール

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5