プラグイン

EWWW Image Optimizerで画像サイズを圧縮して高速化!

こんにちは、わかなです。

 

先日、Google Search Consoleで

表示速度のレポートを見ることが出来るようになり

表示速度の高速化は、SEO対策というよりもう必須!という感じになりました。

 

 

確かに、なかなか表示されないと

そのページは閉じて、別のサイトへ…って

自分でも同じ経験をしたことがあるのでわかります。

 

数秒なんですが、待てないんですよね。。。

 

 

今回は、表示速度を速くするための基本である

画像のサイズを小さく圧縮し、読み込みの速度を速めていくために必要な

プラグインEWWW Image Optimizerを紹介していきますね。

 

 

EWWW Image Optimizer導入方法

それでは、EWWW Image Optimizerを導入していきましょう。

 

関係ないですが、このプラグイン名。

何かの頭文字?それともスラングからなのかな?

(EWWW きもーい…みたいな)

 

まずは、ダッシュボード画面の左側、プラグインから新規追加をクリックし

EWWW Image Optimizer 

を入力というか、コピペしてください。

EWWW

 

そして、検索結果として表視されれば

今すぐインストール」を選択します。

 

そして、「有効化

 

これでEWWW Image Optimizerの導入は完了です。

 

 

EWWW Image Optimizerの初期設定

次は、初期設定をしていきましょう。

 

ダッシュボード画面よりプラグイン → インストール済みプラグイン

EWWW Image Optimizerを探し出し、設定をクリックします。

 

 

「ベーシック」から、メタデータを削除という項目にチェックがついていることを確認します。

 

「EXIF やコメント、カラープロファイルなどピクセルデータでないものすべてのメタデータを削除します。」

 

これは、

画像ファイルに不要なコメント、テキストデータは消すよってことでいいと思います。

 

 

他のデータがあることで、画像ファイルが大きくなってしまっては

高速化できませんからね。

 

 

 

続いて、「変換」からコンバーションリンクを非表示にチェックを入れます。

「サイトまたはネットワークの管理者は、これを使用して

他のユーザーが以下の設定を迂回するメディアライブラリの変換リンクを使用できないようにすることができます。」

 

 

ちょっとわかりづらいのですが

このプラグインで変換できるのは、メディアライブラリ内の画像のみです。

 

データベース内の他の場所に画像への参照がある可能性がある場合

画像を変換しないように、メディアライブラリに表示されるワンクリック変換リンクを無効にする設定のようです。

 

 

EWWW Image Optimizerの使い方

EWWW Image Optimizerは、

自動でサイズを軽量化してくれるので

特に今まで通り記事を投稿すればいいのですが

 

今までに投稿した記事の画像を軽量化するには

 

ダッシュボード画面の メディア → 一括最適化 を選択します。

 

最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。

 

 

私の場合、201点の最適化されていない画像がありました。

画像を最適化」をクリックします。

 

 

201点の画像を最適化するのにかかった時間は、約5分。

 

 

私の別ブログでは

トレンドブログなのもあって16,000点もの最適化されていない画像があり

「なんでここまで放っておいたのですか(意訳)」という文章も出ました。

 

そのときは、所要時間は6時間くらいと出たような…。

 

途中でパソコンがスリープしてしまうこともありましたが

親切にも残りの「○○点の画像の最適化」というボタンをクリックすると

途中から変換してくれます。

 

 

 

これが終われば

過去に投稿した画像も最適化済みだし

これから投稿する画像も最適化されるわけで

 

これで表示速度が高速化されるはずです。

 

わかなの無料メルマガ講座

こちらも読まれています

わかな自己紹介

-プラグイン

© 2020 ママでもわがままに Powered by AFFINGER5